光福寺本堂

光福寺本堂
所在地:静岡市清水区柏尾97
建設年:1924〜27(大正13〜昭和2)
構造・階数:RC・2F
県指定文化財
Photo 1997.4.20

 清水区北西部の山裾に位置する寺院の本堂。
 大正末から昭和初期の時点でこのようなデザインの寺院が建設されたことにやや驚かされる。コンクリートの老朽化がやや心配。

 Facadeに天女が舞い、蓮がレリーフになっている。4本のエンタシスのある柱、左右に付く塔など、エキゾチックなたたずまいを見せる。一方で火灯窓、玄関の構えなどに和風の要素を持つ。


Facade Detail

 柱頭、屋根の隅に付く塔、中央の家紋?など奇妙なデザインが目を引く。白く見えるのは衣装をたなびかせている天女?もしくは観音か阿弥陀さま。清水→三保の松原→羽衣の天女、なのかもしれない。

都市徘徊blog光福寺
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system