旧東海道を歩く 府中 長沼の倉庫

1994.5.3

 静岡・清水間には静岡鉄道という私鉄が走っている。もともと市内電車だったらしいが、昭和30年代頃から路線を縮小して現在の姿になった。東海道を歩いて静岡市に入るあたりから2輌編成の電車が目にはいるようになる。写真は長沼付近にある木造倉庫。付近には日東紡績の工場もあり、中には昔風の洋館の事務所が見える。

日東紡績静岡工場
所在地:静岡市葵区長沼500
建設年:1921(大正10)頃
構造・階数:木造?・2F
解体年:1995〜96年頃?
備考 :当初は三光紡績。1995年2月に静岡工場での綿紡織の操業を終了。
Photo 1995.5.7

 写真は別の年に改めて訪れたときのもの。この後しばらくして、工場や事務所建物など全てが解体され、敷地の大半が売却されたらしい。

 大正期に建てられたものらしいが、装飾がゴテゴテ付いておらず、縦長の上げ下げ窓が並ぶ姿は、モダンですっきりした印象。

 跡地はバンダイの工場(バンダイホビーセンター)や、県立静岡工業高校、日東紡愛宕ゴルフガーデン(打ち放しゴルフ練習場)になった。バンダイホビーセンターはガンプラの聖地みたいなことにもなっている。

都市徘徊Blog > 日東紡

流れ星コレクション
  > 静岡のモダンを訪ねて 静岡県近代建築コレクション
    > 日東紡静岡工場事務所
2013.8.8
Before 江尻 町屋・清水銀座・巴川      Next 府中 呉服町
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system PIq