旧東京都庁舎など

 東京都庁の移転・東京国際フォーラムの建設に伴い、全て解体された建物群。

所在地:千代田区丸の内3-5
Photo 1991.3.31
東京都庁第1本庁舎(左)
建設年:1957(昭和32)
構造・階数:RC・8F
設計:丹下健三
日赤東京支部(中)
建設年:1927(昭和2)
構造・階数:RC・3F
 
東京都庁西1号分庁舎(右奥)
建設年:1925(大正14)
構造・階数:RC・5F
 

 鉄とガラスで構成され、ピロティと前庭を持つ近代的な都庁と、様式的な日赤の建物が隣接する風景は、やや違和感のあるものではあった。

東京都庁西2号庁舎(左)
建設年:1934(昭和9)
構造・階数:RC・4F
東京都庁西8号庁舎(右)
建設年:1921(大正10)
階数 :3F

東京都庁西3号庁舎(左奥)
建設年:1928(昭和3)
構造・階数:RC・3F
東京都庁西9号庁舎(旧第一勧業銀行宝くじ部)
建設年:1928(昭和3)
構造・階数:SRC・3F
後年、屋上部に4Fを増築。

現在の様子(東京国際フォーラム)  Tokyo Lost Architecture Index

ぼくの近代建築コレクション千代田区・丸の内

    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system