東京都庁第1本庁舎

東京都庁第1本庁舎
所在地:千代田区丸の内3-5
建設年:1957(昭和32)
構造・階数:RC・8F
設計 :丹下健三
備考 :解体
Photo 1991.3.31

 日本を代表する建築家、丹下健三(1913-2005)により設計されたモダニズムオフィス。建物の足下はピロティにされ、全体が宙に浮き、足下にユニバーサルな屋外公共空間が作られていた。庇が水平に連続して延び、和風モダニズムのようになっている一方で、黒いルーバーが全面を覆い、鉄骨建築のような表情を見せている。またこのルーバーが全体を横長の直方体のように見せ、それが軽々と宙に浮いているように見せる効果を出している。更に、垂直に細かく規則正しく割り付けられたルーバーが合理的かつ機能的なオフィスビルであることを示している。実際、中央のコア部分に、EV、階段その他の設備群を集め、広々とした無柱のオフィス空間を創り出すことに成功している。

旧東京都庁舎など
2007.2.25
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system