東京駅


Photo 2002.4.29
所在地:千代田区丸の内
建設年:1924(大正13)
構造・階数:鉄骨煉3
設計 :辰野金吾

 戦災によりドーム屋根、3階を焼失。数年内に当初の姿に戻す予定。
 台形の屋根は戦災復興時の応急措置だったそうで、当初はもっと華やかなドーム屋根が載っていたそうだ。またドームとドームの間は現在は2F建てになっているが、ここも当初は3F建てだったという。


Photo 1988.2.28

 建築史的には戦前に辰野金吾によって設計・建設された形に戻すことは一つの悲願なのかもしれないが、戦後60年を経て、東京駅は現在の姿でより長い時間を経過する結果になっている。戦争時の空襲によって焼失したものを修復して使い続けてきたという歴史をリセットするべきではない、との意見もあったと言われる。だいたい、ほとんどの人々は既に戦後生まれであり、東京駅といえばこの台形の屋根の建物になるだろう。昔の立面図を見た時、個人的には少しの違和感があったのも事実だ。当初の華麗な東京駅を見たいという希望がないわけではないのだが、なんだか複雑な気分。

 2006年3月いっぱいで東京ステーションホテルが一時休業になるとのこと。2006年度から東京駅の復原改修工事が始まり、復原工事の完成は2011年だそうだ。

 実は南北に300m近い巨大建築。丸の内側から見た時、背後に八重洲口の大丸が見えてしまって絵にならかったが、再開発によってビルがなくなり、正面からの景色は少しはよくなるかも。しかしその代わりに八重洲口の南北に超高層ビルが二棟建てられるので、結局は超高層ビルの谷間に赤煉瓦の東京駅はちょこんと残される運命なのかもしれない。(2005記)


Photo 2007.3.21

Wikipedia > 東京駅

ぼくの近代建築コレクション東京駅


 結局、2012年に復原工事が完成したことは御存知の通り。従ってこのページは、仮復旧の形で推移していた当時の東京駅の様子を示すものになった。当初は、戦後60年に渡って姿を見せていた仮復旧の姿こそ、建物の歴史をよく見せているものだから、そのままで良いのではないかとも考えていた。だが、こうして復原が済んでみると、これはこれで当初の意気込みを感じさせるもので、悪くはない。

 今はまだやや馴染めない気もする復原駅舎だが、50年、100年先のことを考えれば、これで良いのかもしれない。仮復旧の状態は写真などで残しておいて、機会があるごとに、過去へたどれば良いのかもしれないと考えるようになった。

2013.8.22
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system