文部科学省

所在地:千代田区霞ケ関 3-2
建設年:1933(昭和8)
構造・階数:SRC・6F
Photo 2003.12.29
 

 2004年に一時閉鎖。再開発されて、2007年秋に霞が関コモンゲートの一部となった。

 ファサードを残して、会計検査院と一体的に開発中。付近で共同溝の工事をしているので、残念ながら全景が写らない。

2007.2.25

 文部科学省の建物は、ファサードだけでなく、通りに面した部分が全て残された。従って写真の部分は、そのままで、窓サッシなどが変更されている。もともとは中庭のあるロの字型の建物だったが、半分ほどが残されてL字型になっている。内部は改装され、展示室なども設けられた。

2008.6.22
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system