Site Y.M. 建築・都市徘徊

日本大学大学院法務研究科(旧主婦の友社・お茶の水スクエア)

所在地:千代田区神田駿河台 1-6
建設年:旧建物・1925(大正14)、現建物・1987(昭和62)
構造・階数:RC3
解体復元 高層棟増築(設計:磯崎新)
Photo 2005.3.25

 もともと主婦の友社として大正末期に建てられた建物を、ファサードを残して一度解体し、高層棟を新築。旧建物は内部構造も含めて改装され、お茶の水スクエアという、主婦の友社とその他テナントが入居する建物に生まれ変わった。またカザルスホールという室内楽専用の音楽ホールも同時に造られた。
 しかし最近(2002年)になって、日本大学の所有するところとなり、大学院法務研究科の建物となり、道を挟んで明治大学と相対することとなった。

 テラコッタ等の部品は旧建物のものを再利用しているが、壁体は完全に新築であり、保存というより外観の復元である。また中央の新しい高層棟のポストモダンデザインが旧来の建物と競うようにデザイン主張をしている。高層棟壁面が後退しているため、多少は目立たないのだが、改めて眺めてみると、かなりギャップのある組み合わせ。丸の内のビル群では、超高層棟はデザイン的には極力目立たないものにするという立場・無難な解決策が採られている。どちらが良いのか、正しいのか解らないが、20年以上経っても良くも悪くも刺激的な姿であり続けている。

2009/03追記
 2009年2月に、日本大学がキャンパス再整備の一環として、2010年3月末でのカザルスホールの閉鎖を発表した。写真の高層部を含む部分については、建て替えられるかどうか不明だが、築20年ほどで次々に状況が変化するのには考えさせられてしまう。また、クラシックファンに評判が良かった室内楽専用ホールが失われるのは非常に残念。

Wikipedia > お茶の水スクエア

2009.3.27


inserted by FC2 system