芝浦協働会館


Photo 1994.11.11

芝浦協働会館(芝浦の検番)
所在地:港区芝浦 1-11
建設年:1936(昭和11)
構造・階数:木・2F

 旧芝浦三業地の中に位置する。検番は芸者の管理組合の建物のことだそうだ。近隣の芸者置屋に所属している芸妓さんを登録して、料理屋・待合からお呼びが掛かると派遣する、といった仲介業務をしていたという。詳しいことは「体験していない」ので残念ながらよく判らない。

 この近辺一帯は芝浦三業地だったと言われるが、今では当時の面影はほとんどない。芝浦協働会館として近年まで使用されていた検番の一棟のみが残り、隣接地に並ぶ料理屋等は解体された。検番の建物については保存運動があるが、保存かどうかは未定。ただ最近では、この建物を活かしながら周辺の再生を進める構想があるとも聞くので、もしかすると検番建物だけは残っていくのかもしれない。


Photo 1994.11.11

 中央の大きめの建物が検番(芝浦協働会館)、両脇は芸者置屋だったという。
 このような形で一揃いが残っていた場所は、この頃の東京には他にはもうなかった。


Photo 2003.5.8

 1994年の時点では、検番を含めて5棟が残っていたが、現在残るのは検番の建物のみ。最も規模の大きな建物が残っているのだが、他の建物と一緒になって、群となって街並み景観を創っていただけに寂しい感じがする。

旧協働会館保存・利活用のための整備計画
2007.2.26
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system