Site Y.M. 建築・都市徘徊

フィリピン大使館(旧小田良治邸)

所在地:港区六本木5-15
建設年:T13(1924)
階数:2F+塔屋
空き家化→焼失→解体
Photo 1995.5.27
屋上には天体望遠鏡用の観測ドームが付いていた。


門の隙間から敷地内の建物を見る。95年時点で既に廃墟化しており、窓も破れていた。この後、しばらくして焼失してしまい、その後解体された。


門前の様子。ベニヤ板や塩ビ波板で目隠しがされている。

07.2.26


inserted by FC2 system