Site Y.M. 建築・都市徘徊
新宿東映

所在地:新宿区新宿 3-1
Photo 2004.4.1

 新宿御苑の近く、甲州街道沿いに建っていた。戦前のいわゆる近代建築ではなく、恐らく戦後の建物なのだが、2004年頃から周辺建物も巻き込んだ形で再開発事業が始められ、閉館、解体ということになった。再開発ではシネコンが造られると言われる。コンクリートむき出しの劇場建築には独特の存在感が漂うが、老朽化するとその存在感が逆に、ただ汚いだけ、というイメージを発散する。

 近辺はもともとは内藤新宿の西端で、隣の二丁目は遊郭・赤線があった場所。新宿追分の近くには京王線の終点があり、初めてのターミナルデパートもこの近辺にあったという。東映のあたりも昔は賑やかで、新宿の中心部だったようである。京王線の終点が戦争中に西口になり、三光町・追分が新宿の中心だったのが、戦後、国鉄(現JR)新宿駅が街の中心になったことで、この一角は取り残され気味になってしまった。京王線の跡地やら、甲州街道トンネルの入口が付近にあるため、駅からほど近い場所なのに、空虚な空間が散見される。

 数多くの映画を見た記憶を多くの人が持つ建物ではあるのだが、この状況下ではやはりこのままではどうにもならない。再開発によって生まれる新しい建物群が魅力的なものになることが期待される。(2005.9.12 記)

新宿三丁目イーストビル(新宿バルト9、マルイシティ-1)
Photo 2008.1.20

 その後、新宿東映はほどなくして解体された。2007年春には新宿バルト9というシネコン(9-14F)と、マルイシティ-1(B1-8F)からなる複合商業施設「新宿三丁目イーストビル」が完成し、近辺を歩く人も再び増えてこの場所の様子は様変わりした。今、同じ場所を歩いても、以前にこんな建物が建っていたということは全く想像できない。

 丸井は伊勢丹の向かいの場所の店舗の建て替えも進めており、これも2009年に完成予定である。2008年6月には明治通りの下に東京メトロ副都心線が開通する。新宿東口は追分交差点を中心に大型店舗が建ち並ぶ空間に再編され、また求心力を持つことになりそうだ。
(2008.2.16 追記)

08.2.17


inserted by FC2 system