東向島のタイル張り住居

東向島のタイル張り住居
所在地:墨田区東向島1丁目
構造・階数:木・2F
Photo 1993.8.11

 「昭和二十年東京地図」(西井一夫・平嶋彰彦:筑摩書房)によると「鳩の街」の建物だったとされる。鳩の街は戦後にできた私娼街で、小さな飲み屋の業態で営業していた。近辺には今も当時の建物が数軒残るが、現在は静かな住宅地。

 最近はあまり見かけなくなったが、2cm角程度の小さなタイルを柱に貼り付け、玄関脇の丸柱や角柱を飾り付けるなどし、裏通りにしては凝った建物となっている。コーナー部が丸かったり、左右対称で出入り口が複数ある、などの特色を持つ。

2007.2.26
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system