同潤会清砂通りアパート その1

同潤会清砂アパート
所在地:江東区白河3-4
建設年:1925(大正14)
構造・階数:RC・3〜4F
Photo 1996.5.12

 16棟の建物が残されていたが、西側の地区の建物群は2002年に解体。東側の建物群もその後、取り壊されて再開発が進められた。


角地建物には塔屋があった。2002年解体。 Photo 2001.5.20

 塔屋のある角地建物(1号棟)。角の部分はカーブを描いているのだが、その両側に角張った部分があるため、やや鎧のように厳めしく、屋上の塔屋が船の艦橋のようでもある。交差点に向かって前進してくるのではないかと思わせる、迫力のある形。


3枚の写真を合成して作成した西側地区の立面。(1号棟・3号棟)

 撮影位置を変えて3枚撮ったものを合成しているので、視差が大きく、かなり歪んでいる。


階段室見上げ  Photo 1996.5.12
丸い角を持つ三角形の吹き抜けが印象的だった。


Photo 2002.11.6

 角地建物が取り壊されて、再開発建物の建設が始まっていた。

同潤会清砂通りアパート その1 その2 その3
2007.2.26
    ページのトップへ戻る
    inserted by FC2 system