Site Y.M. 建築・都市徘徊

食糧ビル(旧東京米穀取引所)  その1 外観など


建物1階部分には正円アーチが並ぶ。
Photo 1991.8.11

所在地:江東区佐賀1-8-13
建設年:S 2(1927)
構造・階数:RC3
2002閉鎖・解体

もともと米穀取引所として建てられた。
中庭部分は建物への採光としてだけでなく、集積する米の立ち会い取引の場として利用されていたという。このため中庭2階部分にバルコニーが設けられている。


1階部分はコンクリートモルタルの外壁。
2階以上は光沢のある磁器タイル。銅製の雨樋が光る。
Photo 2002.11.6


正面左側のファサードの様子。窓枠などもアルミサッシなどに変更されておらず、当初の姿を良く遺していた。1階の引き違い扉は木製?。モスグリーンの色も意外に馴染んでいた。
Photo 2002.11.6


正面ファサード中央上部。中央部のみ3階にアーチ状の装飾が付く。テラコッタだろうか?。○の中にKと書かれたエンブレムがあるが、何故Kなのかは知りません。
Photo 2002.11.6


正面入口部分。三方?から中庭にアプローチできるような空間構造になっており、際立った正面性は持っていない。やや地味とも言える玄関部分。上部に「食糧ビルディング」の名が掲げられている。
Photo 2002.11.6


1 外観など  2 中庭側の様子  3 屋上など  4 ディテール  5 講堂
6 会議室・廊下  7 その他

07.2.26


inserted by FC2 system