Site Y.M. 建築・都市徘徊

同潤会青山アパート


Photo 1989.2.13

所在地:渋谷区神宮前4-12
建設年:T14(1925)
構造・階数:RC3
解体・再開発

 1990年以前の青山アパート。アパート内の部屋を利用したショップなどはまだ少なく、通りも現在に比べると比較的静かだった気がする。


Photo 2001.12.8

 再開発が始まる直前の様子。通り沿いの棟の中には多くのショップが入居し、窓まわりが様々に改築されている状況だった。開閉できない嵌め殺し窓として、ショーウィンドウ化しているものもある。


Photo 1996.4.27

 90年代の様子。春先は新緑が美しく、ここだけヨーロッパのような雰囲気を味わうことができる。まちあるきも楽しい。


Photo 1996.4.27

 一番東側の棟。全面にツタが絡まり古めかしい味わいが出ている。この棟に関しては再開発後に復元された。その建物にもツタを絡ませる計画があるとも言われる。ただし内部はギャラリー等に使用されており、外観イメージの再現にとどまる


Photo 1996.4.27

 建物裏側の様子。表側は賑やかだが、裏側に入るとひっそりとしている。
 建物内の階段の様子。お店などが入居して、ガラス扉にダウンライトが使われたりすると、古い建物なのだが良い感じに見える。階段の手すりもペンキ塗りなのだが、ちょっとおしゃれに見えたりするから不思議。住人が思い思いに建物を大切に利用していたため、内部は比較的美しく保たれていた。耐震性、構造上の問題、設備の老朽化がなければ、まだまだ使えるんじゃないかと思わせるものがあった。

 森ビルが再開発をすることになり、安藤忠雄設計により表参道ヒルズが建設された。旧来の街並みを尊重し、軒高を抑え、大半の容積を地下に埋めた設計になっている。また表参道が坂であることを利用して、地下部分にスムースにアプローチできるように工夫されている。

07.2.26


inserted by FC2 system